RealTime

「何が間違っているのかを言う必要はありません。 自分自身の周りを見渡してみれば、数多くの状態、あらゆる腐敗の兆しと苦しみの源を目にします。 あなたには、それらがそのような姿であるべきではないとわかっています。」 —L. ロン ハバード

然災害や人的な災害は言うまでもなく、薬物乱用、識字率の低下、モラルの低下によって地球規模で社会が荒廃し、悲惨な状況がもたらされていることは、火を見るよりも明らかです。

薬物、識字率の低下、犯罪、人権侵害の苦悩から人類を自由にするミスキャベッジ氏の献身は、教会の非宗教的な人道支援使命を活性化し強化することにつながりました。

不当なジャスティスによる社会問題、戦争、貧困、犯罪や差別が、世界中で苦悩と落胆を生み続けているのに対して、文明滅亡のシナリオに対抗する上で明らかに欠けているのは、効果的な解決策です。

L. ロン ハバードは何十年にも及ぶ心と精神に関する調査の過程で、世界を脅かす危機に対処するさまざまな手法を開発しました。

こうした解決策を普及するために、サイエントロジストはその「発信源」の役割を果たす国際的な本部施設の設置を支援してきました。こうした施設を拠点として、道徳、読み書き能力、薬物防止とリハビリテーションといった領域における、大規模な運動が開始されました。

ミスキャベッジ氏は、Scientologyのより広範な人道主義的目的を実現するために、教会をマルチメディア時代に突入させる戦略を設定しました。より良い世界のために、何百万という単位で人々の意識を高め、啓発し、活動を起こさせるために、すぐに利用でき、容易に理解でき、迅速に配布できるツールを提供できる戦略です。

その結果は、Scientology教会の後援による画期的な社会改善・人道支援プログラムです。 これらは紛れもなく、他に類を見ない最先端の活動ですが、最も重要なのは効果があることです。

  創始者から託されたビジョンを実現させることに専心するひとりの人物が、自ら導く宗教運動の全面的な支援を得て社会貢献の範囲を広げることで、どれだけのことが達成できるか。こうしたキャンペーンのそれぞれが、それを明確に実証しています。

惑星規模の社会改善キャンペーン